独立行政法人 国立成育医療研究センター

  • Link
  • 住所:〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2丁目10番1号
  • 連絡先:TEL 03-3416-0181/FAX 03-3416-2222
国立成育医療
研究センター
の特徴

平成22年4月1日より、非公務員型の独立行政法人国立成育医療研究センターとなりました。従前通り「健全な次世代を育成するのに貢献する」を合言葉に、我が国の成育医療及び研究の拠点として、安心して子供を産み育てるための医療と研究を更に推進していきます。

「成育医療」はようやく認知されつつありますが、受精・妊娠に始まって、胎児期、新生児期、小児期、思春期を経て次世代を育成する成人期へと至るライフサイクルの健康問題を包括的に捉えていこうというものです。成育医療とそのための研究を推進する目的で、平成14年3月1日に我が国5番目のナショナルセンターとして国立成育医療センターが設立され、平成22年4月1日からは運営の自主性を活かし、さらに医療の充実と積極的な研究の実施を実現するため、独立行政法人国立成育医療研究センターとなりました。

当センターでは、病院と研究所が一体となり、難病に悩む方々やご家族の視点に立ち、安全性と有効性を十分に検証しつつ高度先駆的医療の開発及び提供を行っています。同時に小児救急医療、安全なお産を含む妊産婦医療、新生児医療など成育医療全般に関して、チーム医療、包括的医療に配慮したモデルを確立し、これを全国的に展開しています。その他、これらの新しい医療と研究を担う人材の育成や国内外の情報の集積・発信、政策提言についても大きな役割を担っています。

これからも、日本の成育医療のトップランナーとして病める方々とそのご家族を真に癒すとともに、少子化が進む中、次世代に希望を与える医療と研究を目指し、職員一丸となって取り組んでまいります。

理念 病院と研究所が一体となり、健全な次世代を育成するための医療と研究を推進します。
基本方針
  1. 成育医療のモデル医療や高度先駆的医療をチーム医療により提供します。
  2. 成育医療の調査・研究を推進します。
  3. 成育医療の専門家を育成し啓発普及のための教育研修を行います。
  4. 成育医療の情報を集積し社会に向けて発信します。